PR

2024年06月05日

パドレスのトゥクピタ・マルカノ内野手 永久追放処分



MLB(大リーグ機構)が6/4に発表した
パドレストゥクピタマルカノ内野手の
永久追放処分について。

昨年、パイレーツ所属時、負傷者リストに
入っている期間にパドレスの試合に賭けを
していた「野球賭博」が認定され、
MLB規定に違反となったため、永久追放処分

自軍の試合に賭けると永久追放処分に
なるらしい。

自軍以外の試合に賭けていた他の選手らも
処分を受けているが1年間資格停止処分

トゥクピタ・マルカノ内野手、現役選手での
永久追放処分は実に100年ぶりだとか。

100年前はジミー・オコネルという選手が
1924年に永久追放処分だということですね。

メジャーリーグでプレーできるくらいなので
マルカノ内野手もすごい人なのでしょうが
故障期間中に野球選手が野球賭博しちゃ
ダメだろ・・・残念すぎる。

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書

ブラウニー

犬・猫の「ペット保険」について


posted by kojisama at 07:23| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PR