スポンサードリンク              プライバシーポリシー

2016年02月28日

ロシアンブルー メス猫 2ヶ月ぶりに2250km離れた場所で見つかる!

アメリカのウィスコンシン州の自宅から2ヶ月程前に
いなくなった、飼い猫の、ロシアンブルー メス猫
2250km離れた場所である、フロリダ州で見つかった!

どうやって2250kmも移動したかは謎だが、ロシアンブルー
メス猫の体に埋め込まれていたマイクロチップによって
動物保護センターの職員が飼い主を割り出して分かったという。

犬なら本能的に自宅に戻ってくることも出来るでしょうけど
ですからね、それは無理なだけに今回、見つかってよかったですね。

⇒ 薄毛と抜け毛の原因を知ってますか?

⇒ 加齢臭 対策

posted by kojisama at 09:31| 生物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

アデリーペンギン 一部の群れが消滅の危機か

一部地域で生息する、アデリーペンギンの群れが、南極研究の専門誌によると
消滅危機の可能性があるそうです。

そのアデリーペンギンの群れとは、南極大陸東部の海岸に生息しているもの。

南極大陸東部海岸の地域に住んでいた、アデリーペンギンの群れは
かつて、16万羽いたそうですが、現在は、1万羽・・・・・

15万羽、死んだ理由は、南極大陸東部の海岸、2010年に
コモンウェルス湾のデニソン岬に漂着した氷山のせいだと・・・・
この氷山、約2900平方キロ。

この氷山のせいで、エサを採りに行く道を塞がれた形になったようです。

この地域に住むアデリーペンギンは専門家らによると、この氷山が
破壊されない限りはこれから20年以内には消滅の危機にあるという・・・

ちなみに、アデリーペンギンは他の地域も含めると生息数は
増加傾向にあって増えてはいるそうなので、この地域だけが
ヤバイ状況らしいです。

動物保護はしなければならないと思うけど、氷山の破壊なんて
できなくはないと思うけど、やれるのかなぁ?

⇒ コーヒータイム!

⇒ 頭が良くなる体操

posted by kojisama at 05:19| 生物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

マダラコウラナメクジ

マダラコウラナメクジ、近年になってから日本に入り込んできている、
外来種の「ナメクジ」です。

特徴は、「ヒョウ柄」。 しかも「かなり大きい」。

巨大なナメクジを見たらすぐに分かると思うし、
ヒョウ柄」なら猶の事だね。

このマダラコウラナメクジ目撃情報Twitterで募っている人がいます。

それは、「ナメクジ研究者」の宇高寛子さん。
京大理学研究科助教という人・・・

外来種が日本に適応していく過程を、リアルタイムで観測したい、とのこと。

デカい、ヒョウ柄の「ナメクジ」を見かけたら宇高寛子さんへ
ツイートしてあげてくださいwwwww

⇒ 体毛の濃い人は「ハゲる!」というのは事実か都市伝説か?!

⇒ 今日も元気に携帯ゲーム

⇒ 防刃ベスト 刃物の攻撃から身を守る!

posted by kojisama at 12:17| 生物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

リュウグウノツカイ 生きたまま捕獲!!

深海魚リュウグウノツカイ」。

リュウグウノツカイ、全身銀色、背や腹にある「ひれ」は紅色
平べったい体形をしており、まるで「ぺちゃんこ」にされたような魚。

リュウグウノツカイが、2/8、新潟県佐渡沖の定置網に
なんと!生きたまま捕獲されました!!

今回の生きたまま捕獲されたリュウグウノツカイの体長は、3.3m。

大抵、見つかるときには海岸で死骸が打ち上げられているか、
定置網にかかっていても死んでいるか、なので生きて動いている
リュウグウノツカイは貴重すぎますね。

この今回のリュウグウノツカイは、新潟市にある、
水族館マリンピア日本海」で引き取られて詳しく調査されるとのこと。

⇒ ロードの記録

⇒ CLEGLAW'S CLAW SMALL SHIELD

posted by kojisama at 05:14| 生物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

イチゴを守る猫

東日本大震災前は、「仙台いちご」のブランドで有名だった、
宮城県山元町イチゴ

宮城県山元町のイチゴ生産者で、ネズミからの食害対策
栽培ハウス内で「」を飼う動きがあるそうです。

ネズミイチゴを食い散らかす被害は結構、深刻らしく
イチゴを守る猫に、かなり期待を寄せているのこと。

⇒ プロが教える「漫画の描き方」

⇒ 再生医療

⇒ ゴロゴロの実

⇒ ヨガの歴史

⇒ 爪水虫

⇒ セブンスドラゴン

posted by kojisama at 18:53| 生物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク