スポンサードリンク              プライバシーポリシー

2016年08月21日

マダニ ダニ媒介脳炎

マダニ」から噛まれ「ダニ媒介脳炎」を発症死亡するという
初めてのケースが日本で2016年8月13日に北海道で確認されている。
(海外では死亡している例は、多数の報告あり!)

日本ではマダニからのダニ媒介脳炎発症するケースが
これまでも、1993年にあったのが最初のケースなので今回で
2例目となるが、この時も北海道で見つかっている・・・

厚生労働省の発表では、「フラビウイルス」が原因でダニ媒介脳炎を発症。
北海道の一部地域フラビウイルスを持ったマダニが確認されており、
マダニフラビウイルス持っていないと感染はしないという。
人から人への直接感染は無いらしい。

潜伏期間: 7日〜14日

症状としては、インフルエンザに似ていて発熱」、「筋肉痛」などが出て
脳炎」や「髄膜炎」になる。

予防策としては、「マダニ」から噛まれないようにするしかないので
夏とはいえ、草藪などに入って作業等をする場合は特に長袖長ズボン
ガードすることと、虫除けスプレーをしていくことは最低限でしょう。

⇒ 天狗が出てくる夢

⇒ データリンク層 2

posted by kojisama at 02:56| 生物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

アンドンクラゲ

お盆を過ぎから海水浴で注意が必要なのは、クラゲです!

この時期には海水の温度が上がり、毒性が強くなって
アンドンクラゲが成長する時だそうです。

ちなみに、クラゲ3千種類以上もいるので、
クラゲを見たら全部避けて触らないことが一番安全です!

⇒ 手軽なスポーツ ボディボード!

⇒ ピアノ 演奏

posted by kojisama at 04:43| 生物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

アメンボ

アメンボ・・・・
実際に見たことがある子供や大人は、今は少ないような気がします。

私の子供の頃には、田んぼで、アメンボをよく見ましたね。

このアメンボ水の上を「スイスイ〜」と高速で移動するのですが
そのメカニズムは大まかに言えば2つ。

1つ目は、アメンボに、たくさんの「毛」がありコレが水を弾いて
浮かんでいるそうです。

2つ目は、アメンボ口から出す「油」脚に塗り(舐めて?!)
浮かび易さを増しているそうです。

ちなみに「アメンボ」の「アメ」は、飴玉の「飴」から来ています。

アメンボは、敵に襲われると、甘い匂いを出すそうで
そこから「アメンボ」の名が来ているとのこと。

匂いを出す虫として「アメンボ」と「カメムシ」は仲間になるようです。
カメムシ」の臭いはカンベンしてほしいけどね・・・・・

⇒ コーヒーが冷めないうちに

⇒ 風水インテリアで運気アップ

posted by kojisama at 04:37| 生物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

スヌーピーの犬種

スヌーピー・・・・

幼稚園時代から犬好きな私を虜にした、スヌーピーですが
ここにきて初めて、スヌーピー犬種が「ビーグル犬」だと知りました。

スヌーピー犬種なんて今まで気にもしたことなかった・・・

しかも、起業家が集まるところで知ったので
久しぶりにビックリしたし、変な感覚を覚えました・・・・

⇒ 愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

⇒ 「くりーむしちゅう」さんが出てくる夢

posted by kojisama at 04:18| 生物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

マンボウ

魚の、マンボウ
フグの仲間。

実はマンボウ、かなりのスゴイ魚だったと知りました。

大きいものでは、2tにもなるそうです!

それよりも驚きは、魚類一を誇る、産卵数です。
マンボウ1度の産卵で、8千万個もの卵を産むとのこと!

だけど、残念ながら8千万個もの卵を産んでも
自然の弱肉強食の中では、1〜2匹しかマンボウは残れないそうです・・・

マンボウの見方が変わったよ、少しだけど。

⇒ デイケアサービス

⇒ 生田絵梨花 1st写真集 転調

posted by kojisama at 06:07| 生物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク