U-NEXT

2019年03月23日

富士山が噴火したら新宿区では・・・






富士山噴火で有名な記録は、
1707年の「宝永噴火」。

宝永噴火は、1707年12月16日発生。
16日間も続いたようです。

この宝永噴火をモデルにした、
富士山噴火したら新宿区では
火山灰は何センチ積もるのか?
といった検証した結果を政府が
中央防災会議の作業部会なるところで
示している。

ちなみに富士山噴火してから
東京都新宿区では14日目で、
1cm火山灰が積もるようです。

神奈川県西部では富士山噴火から
たった2日目で10cmオーバーする
とのこと。

風の向きや風力、噴火の規模にも
よるのでしょうけど富士山噴火したら
大変な状況になることにもデータが
あればイメージもより出来ますね。

ここにきて政府発表があるということは
何かしら富士山がヤバイのでしょうか・・・(^^;)


まんがでわかるライフシフト 100年人生、待望のマンガ化!


posted by kojisama at 06:26| 伝える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
食材通信宅配