スポンサードリンク              プライバシーポリシー

2018年02月11日

ヒートショック

入浴中のヒートショックによる
関連死が実は交通事故死亡する
人の数よりも多いってご存知ですか。

ヒートショックとは簡単に言えば、

暖かい場所から寒い場所へ移動した際に
急激な温度変化による人体ダメージのこと。

40数℃のお風呂からあがって
寒さ10℃くらいの脱衣所にいた時に
一度は経験したことがあると思いますが
うっ!」ってくるアレです。

この現象が交通死亡事故よりも
多いというのは意外に感じるでしょうか。

年間の交通死亡事故4600人ほど。

入浴関連でのヒートショックでの
死亡は何と年間で17000人ほど・・・

これでも驚きですが、もっと危険な
ヒートショックでの死亡の原因
トイレ」の中があるそうです。

特にご老人の女性は注意だそうです・・・

想像は付くと思いますが
便座に座るときです。

浴室暖房便座暖房など
いまいち存在意義が分かりませんでしたが
今冬、初めて理解できました。

北海道、東北、今年は日本海側など
寒さはまだまだ厳しいところが多いです。

もちろん日本全国まだ寒いところも
あるのでヒートショックにも注意を
払いましょう。

家の中は実は道路を歩いている時よりも
冬場はデンジャラス・ゾーンになってます。


ヒートショック



⇒ ユニットバスの排水溝でのつまり

⇒ 海老と野菜のかき揚げ丼

posted by kojisama at 08:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク