スポンサードリンク              プライバシーポリシー

2016年08月21日

マダニ ダニ媒介脳炎

マダニ」から噛まれ「ダニ媒介脳炎」を発症死亡するという
初めてのケースが日本で2016年8月13日に北海道で確認されている。
(海外では死亡している例は、多数の報告あり!)

日本ではマダニからのダニ媒介脳炎発症するケースが
これまでも、1993年にあったのが最初のケースなので今回で
2例目となるが、この時も北海道で見つかっている・・・

厚生労働省の発表では、「フラビウイルス」が原因でダニ媒介脳炎を発症。
北海道の一部地域フラビウイルスを持ったマダニが確認されており、
マダニフラビウイルス持っていないと感染はしないという。
人から人への直接感染は無いらしい。

潜伏期間: 7日〜14日

症状としては、インフルエンザに似ていて発熱」、「筋肉痛」などが出て
脳炎」や「髄膜炎」になる。

予防策としては、「マダニ」から噛まれないようにするしかないので
夏とはいえ、草藪などに入って作業等をする場合は特に長袖長ズボン
ガードすることと、虫除けスプレーをしていくことは最低限でしょう。

⇒ 天狗が出てくる夢

⇒ データリンク層 2

posted by kojisama at 02:56| 生物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク