スポンサードリンク              プライバシーポリシー

2016年07月31日

相模原襲撃事件 相模原市の措置入院への対応が不十分!

相模原襲撃事件・・・・

植松聖容疑者(26歳)によって、19人もの命が奪われた凄惨な事件
犯人の植松聖容疑者が悪いのは当然だが、新たな事実も出てきている。

まず、植松聖容疑者は「大麻」や「危険ドラッグ」の常用者だった!

しかも、今回の事件の前に相模原市は、植松聖容疑者が検査にて
大麻使用の陽性反応が出ていたことで措置入院はさせていたが
警察への通報はしていなかった・・・・

相模原市の担当者は「現行法の枠内」で可能なことはしている、と。

大麻使用者警察への通報をしてもいないのに
「できることはした」とよくも言えたものだ!

相模原市」の「」としての責任問題も追及すべきではないかのか・・・

⇒ 不動産投資

⇒ リンク2

posted by kojisama at 00:21| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク