スポンサードリンク              プライバシーポリシー

2016年07月24日

こども食堂

こども食堂

聞いたことがある人も多いと思う、「こども食堂」。

現在、日本全国で300ヶ所以上もあるという「こども食堂」。
しかし、この9割ほどの店舗は、ここ2年以内に開設されたものだそうです。

こども食堂」の名付け親は、
東京都大田区の八百屋さんをしている、近藤博子さん。
近藤博子さんは「気まぐれ八百屋だんだん店主」という2つ名を持つw

近藤博子さんが2012年くらいから「こども食堂」というネーミングで
使い始めたというから4年も歴史がある取り組みですね。

しかし、ブームになるのはいいが困った勘違いも多いという。

・「子どものための、子ども専用食堂」という誤解・・・
・「貧困家庭の子ども限定」という誤解・・・
などなど。

近藤博子さんの「こども食堂」定義は、
子ども一人でも安心して来られる無料または低額の食堂」。

もともと、子どもが一人で孤独に食事するのを防ぐこと、
団欒を提供する、というものがコンセプト。

だから、老人の方でも「こども食堂」に来て食事をし、
子どもと会話でもしてもらえば、子ども老人双方の孤独
防げるいい取り組みだと思います。

私も「こども食堂」を見かけたら、入ってみたいと思ってますが
なかなか、「こども食堂」を見る機会に恵まれていないのが少々残念です。

⇒ 安全!快適!なキッチンリフォーム

⇒ 森の戦士ボノロン

posted by kojisama at 17:08| お薦め! / Good! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク