スポンサードリンク              プライバシーポリシー

2016年06月07日

アメンボ

アメンボ・・・・
実際に見たことがある子供や大人は、今は少ないような気がします。

私の子供の頃には、田んぼで、アメンボをよく見ましたね。

このアメンボ水の上を「スイスイ〜」と高速で移動するのですが
そのメカニズムは大まかに言えば2つ。

1つ目は、アメンボに、たくさんの「毛」がありコレが水を弾いて
浮かんでいるそうです。

2つ目は、アメンボ口から出す「油」脚に塗り(舐めて?!)
浮かび易さを増しているそうです。

ちなみに「アメンボ」の「アメ」は、飴玉の「飴」から来ています。

アメンボは、敵に襲われると、甘い匂いを出すそうで
そこから「アメンボ」の名が来ているとのこと。

匂いを出す虫として「アメンボ」と「カメムシ」は仲間になるようです。
カメムシ」の臭いはカンベンしてほしいけどね・・・・・

⇒ コーヒーが冷めないうちに

⇒ 風水インテリアで運気アップ

posted by kojisama at 04:37| 生物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク