スポンサードリンク              プライバシーポリシー

2015年12月14日

ドフラインイソギンチャク 110年ぶりに東京湾で発見!

深海に生息する、ドフラインイソギンチャク

1904年にドイツ人研究者のフランツ・ドフライン
三浦半島城ケ島沖にて採集し、4年後の1908年に
新種として発表のが、ドフラインイソギンチャク

これが千葉県鋸南町の無人島、浮島沖の水深100〜200mで
採集したイソギンチャクが似ていると連絡を受けて調査を
しており、ドイツのミュンヘン動物学博物館に所蔵されている
初採集されたドフラインイソギンチャク標本を丹念に比較し
同種と確認できたそうです。

ドフラインイソギンチャクが、約110年ぶりに東京湾発見という
奇跡も起こるものなのですねぇ〜

⇒ とっきー Fu・Wa・Ri

⇒ さんか三花

posted by kojisama at 04:09| 生物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク